2009年03月18日

白子森の山女

標高1179mから湧き出す水は、数本の川となり
綺麗な山女を育んでいる
白子森の渓流は透明度の高い水と底石が白く
渓流魚は上品な体色をしている

大又川や小波内川は桃色が綺麗だ
特に大又川は山女が少なくなった
先日の会合で、山女の放流を増やすしかないと結論した
漁協の放流場所には問題が多すぎるのだ
餌釣りしかできない小沢と鮎つりする下流に放つ
実にフライフィシャーには不親切極まりないのだ
なにもしないで釣れないとか、散々キープしておいて
魚が少なくなったとか、釣り人の戯言に耳を貸すより
私はやるべき事は、やります。
放流と植樹ですね。
渡邊会長と二人で放流し誰にも教えないのだ
posted by Rhogan at 05:45| 秋田 | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
去年、ある川にそーとー放したス。上流の堰堤工事の関係で、
漁協に工事費の何パーセントかくるみたいで・・
うちの漁協はセコイ!
Posted by ブラビ at 2009年03月18日 12:40
俺に教えないとお前も放流してやるぞ!
ってな、しっぺ張ってリリースしてやる、伊藤さんと一緒に川に行くから、ウェーダー忘れるなと、くれぐれもお伝えください。
来月はトトロ三昧の予定
Posted by Rhogan at 2009年03月18日 19:31
ここ2.3年、ほんと大又、三内のやまめ域は、川床が浅くなって見る影なし!特に、大又は哀れなほど・・。でも、いまだ尺やまめを育む水質は、変わらぬ魅力の渓です。あるでしょ!釣り上がりしてると、かつての尺やまめのドラマ淵が!ワタシャ、ここに、テトラか、流木の大木を何本も刺して、天然の禁漁エリアを造りたいよねぇ。おそらく、自然の猛威には勝てないだろうが、何か結果はでるはず。埋まった岩盤を離れ、僅かなブッシュ下でライズする尺クラスが、可愛そうなのです。
Posted by パティシェ at 2009年03月18日 23:52
狙いは3年後だね、トトロでじっくり密談をしよう。
Posted by Rhogan at 2009年03月19日 20:15
3年後、TTRは釣り堀になるでしょう。
いつまでS川は穴場でいられるのでしょうか?
私だけでは守りきれませんね。(アホ進入禁止!)
Posted by TTRの管理人 at 2009年03月20日 23:35
昔は大きなフライで遊んでいたので、魚もスレなかったが、今では小さいフライで一発勝負
魚には厳しいだろうが、釣らないと釣られると我々も魔性のプレッシャーに拍車がかかる。
今年もとんでもない情報を私は持ってますから、今年は凄い!くくくく
Posted by Rhogan at 2009年03月21日 05:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。