2009年04月06日

30分の戦いだった

bw12.JPG
巻いたぞ。やはり30分で飽きた。
金玉ニンフが釣れるから金針に巻こうと単純に思っただけ。
巻きのコツを伝授しよう。
まずはテールを結ぶ。
bw01.JPG
では次テールを結び留めたら少し引っ張り長さを調整する。
必ずやる、これで不揃いが直る、水平より下向き。
bw02.JPG

ボディ材を留める。
bw03.JPG
スレッドボビンを回転させスレッドを細くする、スレッドは細く強くなりボディ材をしっかり止めてくれる。
ボディの巻き始めが太くならないようにするポイントである。

ボディ材を巻く
bw04.JPG
根元まで巻きハックルプライヤーをねじって切る、シザースは使わないのだ。
bw05.JPG


ウィングを留める
bw06.JPG
ネックの左右からとり、結ぶ部分はむしるよりシザースで切るとバリが残り抜けない。

ハックルの取り付け
bw07.JPG
前に長いのを、ウィングの付け根に短いのをむすび、短いのを巻き、巻き終わりを綺麗にしておく、最後に長いので全体のバランスを調整してしあげる。
フックサイズが大きいとハックル3本とか5本とか使う。
巻きすぎは水切れが悪いし、フライが重くなりすぎ実用には辛い。
張りのハックル選びの眼力が問われる。

スレッドでハックルを通してフィニッシュ
bw10.JPG

ボビンを回転させスレッドを細く丈夫にして使いこなすのがポイントです。あなたのブログのスピナーはバランスとスレッドに難がありますぞ。


細かいことは面倒なのでこのくらいで、タイイングのご相談にはのりますぜ。

写真は不出来だが・・(~~)"
posted by Rhogan at 09:47| 秋田 ☀| Comment(4) | フライタイイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
極上のライトジンジャーがほしーー!
んでもこの辺どごさもないしー、通販はもっとやだしー、
先立つものもないしー(**)
世の中かなり不便だす・・
Posted by ブラビ at 2009年04月06日 11:28
この弟子催促ているな!来週トトロに行くから検討するべ。田沢の師匠と川に行くからよろしく。
冷やせば脱腸に悪いから冷やすなと。
Posted by Rhogan at 2009年04月07日 20:06
この辺さ本当にいいのねっすよ!
ぜんぜんムラムラこねっすな、野鳥のほーがよっぽど興奮するすな。ハァ〜・・、なんか空しい会話だすwww
Posted by ブラビ at 2009年04月07日 21:56
野鳥の皮を使って、肉は私が・・今、生き残りかかってるもので。伝ちゃん待ってろよ!
Posted by Rhogan at 2009年04月08日 05:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。