2009年10月27日

調子悪くて検査したら胃癌の疑いありだってよ。
と、聞かされた。
そうか、胃癌なんて胃を取っちまえば大丈夫さ。
そんな電話の内容で、私は軽く答えをだした。
 少し経つと良くないらしいとまた、聞かされた。
胃の外壁の癌で手術は出来ないと言われ、ステージWだとか。
携帯から深刻な声が途切れ途切れで話された。
W・・ピンと来ないW。

一緒に釣りに行った最後
あと二年と言われたよって涙を浮かべて話していた。
私はどう答え、どう接していいのか。
 隣に乗せながら林道を。言葉を失いハンドルだけ握り。真っ直ぐしか見れていなかった。
相手の気持ちを励まそうと、身勝手な軽い励ましの言葉が、逆回転しているのが自分がそこにいた。

 明日の約束のないのが人の道。
でも、期限を決めるのは自分でありたい。

 また、仲間を失った。
皆、深い付き合いをした仲間だったし、優しい心の持ち主であったと言い切れる。
自分より私のような者を心から心配してくれた、最も失いたくない
そう思う仲間だったのに。

 最後に私に届いたメールは
 お前が幸せになってくれたらそれでいい。だった
私は好きな仲間と一緒で今が幸せだと・・

 旅立つ時間に彼に起こされた。彼の言いたいことがよくわかった。
でも、それが出来ない自分がここにいる。
PIC_0091.JPG
お前の分も俺は長生きしてやら〜バッカ野郎!
posted by Rhogan at 21:21| 秋田 ☀| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分のことより人のことを考えてくれる、確かにそんな人柄を感じました。
あの方から買った17フィートとSalmonII で私は人生初のサクラマスを釣りました。
ご冥福をお祈りしたいと思います。
なんかまた、秋田の川でバッタリ会いそうだな〜。
Posted by Tez at 2009年10月28日 00:23
tezさんとの出会いは、彼が釣りを終え岩見の橋の上で着替えようと、黒のブリーフ姿になった瞬間、橋の下でフライを振るtez さんを発見したのでしたね。鮮明に思い出しますよ。やべ!うちのお客さんじゃねえか?こんな格好みられたらエライ事になっちまう、って言いながら慌てて着替えていましたよ。
Posted by Rhogan at 2009年10月28日 06:15
まさに人柄の人、でしたね。残念です。
ガケを大汗かいて登ったのが昨日のことのようです。ウルフさんの分も悔いのない人生を送っていきましょう。ご冥福をお祈りします。
Posted by キュー at 2009年11月01日 09:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。