2009年12月17日

マタギの孫じゃて

ブラビが中学生の時、マテリアルを電話注文で受けた

それから20年の付き合いだ。彼の女性遍歴や暴走行為も知っているが

知らない事って、あるものだな〜

マタギの孫だけあって獣に目がない・・

ウサギを見つけたときの彼の動揺?目が豹のように光った

突然狼男に変身し、車から飛び降りラビットに飛びついた

新月の大潮はブラビを変えた

ブ・ラビットに。

2009_1217091202-160001.JPG

今日は鯛が無くても俺はウキウキと歌を歌い飼えって行った

いつか○○も食いてえな〜って静かに言い放った

そんなのモンキーハウスにでも行けばって事さ。

大盛のダダミに薄口醤油霧吹きで吹きかければそれの脳みそでしょ

美味しいだろうさ。

美食家の私は微食ぎみ。

今頃ラビット鍋でぴょんぴょん飛び回っているのかな?
posted by Rhogan at 20:41| 秋田 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
除雪した雪の固まりがみんなウサギに見えるっすナ、、
ウサギに呪われたっすべか?
車を改造して装甲車にでもしたろーか^^
ウサギばんばんはね飛ばしてラビットキラーにでも、
ん?キラー?=黒い?=ブラック??
なるほどーーーー!ブログ名ブラビットにしよーかー・・なんて、
今度から男鹿さ行くたびに見ねねっすな。
Posted by ブラビ at 2009年12月18日 12:56
ラビット調達するから一度食べさせてけろね。
Posted by Rhogan at 2009年12月18日 18:04
その昔、大曲の国道を歩いていたウサギを見つけた。そう、ちょうど今頃、クリスマス前だったよ。大曲から少し中仙よりにきたところ。今思えば中仙名物のジャンボウサギだったに違いない。友達の家に連れ帰ったら気の利く母さんが、翌日の鍋の具にしてくれた。あー、ウサギを食ったのは大学3年の解剖学実習以来だった。麻酔無しで首の皮を切り、筋肉の層を7枚かき分けると頸動脈があらわれた。頭側を糸で縛り、その下の心臓に近い方を縦にカミソリを入れると一筋の血柱がたった。急いでフラスコにとり、寒天と混ぜ合わせ、細菌を培養する培地を作った。その後出血の勢いもなくなり、失血状態になるとウサギの目が白くなり、断末魔の悲鳴をあげた。ウサギが鳴く事を初めて知った。最期は10秒ほど痙攣が起こり息絶えた。そうして得た衛生検査技師免許も理科教員免許も何の役にもたっていない。ウサチャンごめんね。けどあなたは僕の体の一部になっているのですよ。ごちそうさまでした。
Posted by ぽん at 2009年12月20日 22:12
うさぎ達の沈黙。
レクターポンとキングカズがサルの脳みそ食べている光景がみえる。
あの松の木の下でセクハラした貴殿はセクハラ教師で訴えられるか、変態先生呼ばわれされて終わっていただろう。
今が幸せと感ぜよ。あのオキアミは釣れる(~~)
Posted by Rhogan at 2009年12月21日 18:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。